半導体ウエハー世界大手のSUMCOが、台湾にシリコンウエハーの新工場を設けることが10日、分かった。投資額は1100億円程度とみられる。自動車や電子機器向け半導体の需給ひっ迫が、主要材料のウエハーにも波及。半導体受託製造会社(ファウンドリー)として世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)などからの供給拡大の求めに応じる。9日にはTSMCが熊本県への工場建設を発表したばかり。半導体分野の日台連携が一段と深まる。

 SUMCOは9月に国内でも約2300億円を投じる設備増強を発表している。世界的な半導体不足で製品への引き合いが強まっており、国際競争力の高い日本の素材産業を勢いづかせている。

半導体ウエハーで日本勢は6割近い世界シェアを持つ(SUMCO製ウエハー)
半導体ウエハーで日本勢は6割近い世界シェアを持つ(SUMCO製ウエハー)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1586文字 / 全文1894文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。