農機世界3位のクボタが堺市に840億円を投じた新拠点「グローバル技術研究所」を開いた。研究開発拠点を集約し、農機の電動化など脱炭素対応を加速させる狙いだ。欧州を中心に“脱ディーゼル”の機運が高まる中、脱炭素の遅れが世界3強からの転落に直結しかねないとの危機感がある。

 クボタが約840億円を投じて堺市に新設したグローバル技術研究所。北尾裕一社長は10月26日の開所式で、「これまで培った研究開発の手法だけにとらわれず、チャレンジマインドがみなぎる拠点としていきたい」と意気込んだ。

クボタが堺市に新設したグローバル技術研究所
クボタが堺市に新設したグローバル技術研究所

 敷地面積は東京ドーム約7個分という広大さだ。田んぼや砂利、芝生などさまざまな農機の利用環境を再現したほか、時速60キロメートルで連続走行ができる、直線距離約500メートルのテストコースも整備。オレンジと黒に塗られた同社製トラクターが縦横無尽に駆け回っていた。

新製品の開発期間を3割短縮

 クボタではこれまで、研究開発と試作品・製品のテストコース、製造の各拠点が分散していた。例えばテストコースは三重県にあり、研究開発も担う堺製造所(堺市)からは車で往復3~4時間かかっていた。今回の新拠点にはテストコースを設けたほか、研究開発部隊も移した。つくった試作機をすぐに試運転して性能評価できるため、研究開発の機動性が高まる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り869文字 / 全文1423文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。