日本製鉄が、電動車のモーターに使う電磁鋼板を巡り、トヨタ自動車、中国鉄鋼大手の宝山鋼鉄が自社の特許を侵害しているとして訴えた。日鉄はトヨタが1997年にハイブリッド車(HV)「プリウス」を発売して以来、電磁鋼板を納め続けてきた盟友だが、裁判所の判断次第ではトヨタの電動車事業に影響が出る可能性もある。日本を代表する大手メーカー同士の特許紛争の背景に何があるのか。

 調達の手続きは適正だった――。トヨタは当惑している。14日のオンライン会見で担当者は「今回の提訴は材料メーカー同士で協議すべき事案。弊社が訴えられたことは大変遺憾」と述べた。トヨタは材料メーカーとの取引に当たっては、特許抵触がないことを材料メーカーに事前確認している。宝山製の電磁鋼板についても、「他社の特許侵害がないことを製造元に確認の上、契約している」とする。

 前回記事「『教え子』中国・宝山鋼鉄が特許侵害? 日本製鉄提訴が示す聖域」では、日鉄と宝山の友好関係の変化を振り返った。日鉄とその大口顧客であるトヨタの間にも近年、すきま風が吹きつつあった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2258文字 / 全文2735文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 西口一希氏とミスミに学ぶ 会社を成長させる「顧客理解」

 これまで約40社の経営を支援してきたStrategy Partners代表の西口一希氏。「成長の壁」に悩む多くの経営者に対して「企業の成長に伴い、顧客よりも財務の数字や組織運営に関心を向けてしまう問題」の大きさを指摘してきました。
 日経ビジネスLIVEでは、成長の壁に悩む経営者や事業責任者、さらに現場で取り組む層に向け、西口氏が『顧客起点の経営』について語るウェビナーを2週連続で開催します。ぜひご参加ください。


■第1回:2022年7月5日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:なぜ企業の成長は止まるのか? すべてのカギを握る顧客理解
■講師:『顧客起点の経営』著者・Strategy Partners代表 西口一希氏

■第2回:2022年7月12日(火)19:00~20:00(予定)
■テーマ:顧客を分析、ニーズに対応して急成長 ミスミ「meviy(メビ―)」事業に学ぶ
■講師:西口一希氏、ミスミグループ本社 常務執行役員meviy事業担当・ID企業体社長 吉田光伸氏

■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。