横河電機がバイオ技術を使った素材の自社生産に乗り出した。主力の製造業向け制御・計測事業で培った技術や知見を生かして、高効率の抽出技術や製造工程、設備を開発し、化学や食品、製薬業界などにバイオ素材を提供する。創立から100年超、顧客企業の生産設備の安定操業を支えてきた黒子が製造分野への新規参入という「タブー破り」をする意味は何か。

プラント向け制御システムを手掛ける横河電機が自ら素材製造に乗り出す(写真:PIXTA)
プラント向け制御システムを手掛ける横河電機が自ら素材製造に乗り出す(写真:PIXTA)

 「製紙会社は非常に大切なお客様。我々はまだ新会社をつくってスタートしたばかりで、将来は分からないが今は製品のすみ分けもできそうです」。そう謙遜する横河電機の奈良寿社長だが、事業スピードは速い。

「バイオ由来の製品を生産して世に出す」

 2021年1月に子会社の横河バイオフロンティア(東京都武蔵野市)を設立し、このほど100%植物由来素材の硫酸エステル化セルロースナノファイバー「S-CNF」の製造販売に新規参入した。CNFといえば、日本製紙や王子ホールディングスなど製紙大手はじめ様々な素材メーカーが事業化したものの、化粧品や建材、自動車材料などの用途拡大がなかなか進まない新素材。

 他社製品がゲル状で提供されるのに対して、横河バイオがサンプル提供を始めたCNFは粉末のため、濃度調整が自在なうえ、輸送効率が向上するのが特徴という。横河バイオでは、化学や素材業界向けに製品を販売するほか、商用生産のライセンス供与やコンサルティングにも取り組む。

横河バイオが開発した硫酸エステル化セルロースナノファイバー
横河バイオが開発した硫酸エステル化セルロースナノファイバー

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1952文字 / 全文2556文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。