日本製鉄は2022年3月期の連結最終損益が3期ぶりの黒字となり、黒字額は3700億円と大幅回復する見通し。復活の原動力はトヨタ自動車向けをはじめとする鋼材の価格引き上げだ。順風満帆に見える日鉄だが、二つの波乱要素がくすぶり始めた。

東南アジアでは製造業からの需要が減って熱延コイルの価格が軟調に推移する(写真:CFOTO/共同通信イメージズ)
東南アジアでは製造業からの需要が減って熱延コイルの価格が軟調に推移する(写真:CFOTO/共同通信イメージズ)

 「これまでの商慣習を打ち破った」「敵対的値上げと言ってもいいのではないか」

 8月下旬、鉄鋼市場関係者は日本製鉄の強気な姿勢に一様に驚いた。日鉄とトヨタ自動車との部品メーカー向け自動車用鋼材をめぐる21年度下期(21年10月~22年3月)の価格交渉は、上期比1トン当たり2万円の大幅「値上げ」で決着した。値上げ幅は10年度以降で最も大きいとみられる。

 日鉄が大幅値上げを求めた背景には、コロナ禍からの経済回復で原材料価格が急騰したことに加え、二酸化炭素(CO2)排出を抑える製鉄技術の開発など新たな投資の元手を確保する狙いもある。

 トヨタ側は世界でのEV(電気自動車)開発競争がし烈になる中での負担増に落胆するが、日鉄側はむしろ低すぎた取引価格を是正したにすぎないと主張する。「我々は自動車メーカーの高い品質要求に応えるため、技術や製品開発、設備投資にヒト、モノ、カネをかけてきた。何もおかしな水準を要求しているわけではなく、値上げしなければこちらが倒れてしまう」(日鉄社員)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2445文字 / 全文3023文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/