日本たばこ産業(JT)が8月17日に全国発売した加熱式たばこの新製品「プルーム・エックス(Ploom X)」。2022年に国内と海外のたばこ事業を一本化するのを前に、研究開発(R&D)部門がいち早く統合して作り上げた。異なるノウハウや慣習に現場は「もめてばかり」。逆にその衝突が初のグローバルモデルを実現させる原動力となった。

 Ploom XはJTが「最重要戦略商品」と位置づける商品だ。現在、加熱式は国内たばこ市場の約3割を占め、このうちシェアトップは「IQOS(アイコス)」を展開する米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI、約7割)。「glo(グロー)」の英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が約2割で追う。約1割と出遅れるJTは今回の新製品で巻き返しを図る。

 Ploom Xでは加熱温度を同社従来品より高めたほか、加熱技術を新たに開発して吸い応えを向上。Bluetoothを搭載し、スマートフォン上でバッテリー残量の確認やデバイスロックができる機能なども付けた。国内だけでなく、海外での展開も予定する。

「最重要戦略商品」に位置づけるJTの新商品「Ploom X」
「最重要戦略商品」に位置づけるJTの新商品「Ploom X」

 市場への浸透という意味で大きな期待を背負う今回の新商品。同時に、JTとしては来年に控える「変革」の行く末を占う商品でもある。それが、22年に予定するJTの国内たばこ事業とJTインターナショナル(JTI)の海外たばこ事業の統合だ。

絶えなかった衝突

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1730文字 / 全文2340文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。