2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)で財閥系の化学メーカー3社が大幅増益を果たした。主因は石油化学製品の市況改善。しかし、通期の業績予想を上方修正したのは三井化学のみ。その理由として透けて見えるのが「脱石化依存」の進み具合の差だ。

 2021年4~6月期の最終損益は、三菱ケミカルホールディングス(HD)が前年同期比9.7倍の499億円、住友化学が356億円(前年同期は73億円の赤字)、三井化学が426億円(同23億円の赤字)だった。

 「第1四半期としては売上収益、コア営業利益、純利益のすべてが過去最高で非常にいい決算だった」と満足げに話すのは住友化学の佐々木啓吾常務執行役員。3社とも、経済活動や石化市況の回復が業績改善を支えた。

三菱ケミカル岡山事業所のエチレンプラント
三菱ケミカル岡山事業所のエチレンプラント

 ただし、石化市況はペースダウンが懸念される。三菱ケミカルHDの伊達英文最高財務責任者(CFO)は「一部の石化製品に需要が集中して価格が高騰した」と4~6月期を振り返る。プラスチック原料のビスフェノールAなどで同業他社の設備トラブルが発生した影響が長引いた。この特需が第2四半期以降は縮小すると各社は警戒する。

 こうした中、三菱ケミカルHDと住友化学は通期見通しに慎重な姿勢を崩さず、期初の予想を据え置いた。その一方で、三井化学は22年3月期通期の純利益予想を従来の790億円(前期比37%増)から995億円(同72%増)に引き上げた。併せて上方修正したコア営業利益(同66%増)も含めて過去最高を見込む。

 置かれた事業環境は3社とも同じだが、明暗が分かれたのはなぜか。三井化学の強気な見通しを支えるのが「成長3領域」と呼ぶセグメントだ。

「期待以上の業績拡大」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り925文字 / 全文1634文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。