1908年に欧州で発明され、20年代後半から国内で生産が始まった「セロハン」。セロハンテープや、工作で使う赤・黄・緑・青の色セロハンなど、人々にとってなじみの深い素材だが、需要は縮小傾向にあった。そんなセロハンが復権の兆しを見せている。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 「価格よりも環境面を重視する動きが広がれば、増産に入りたい。社内のコンセンサスは取れている」。段ボール大手レンゴーの海老原洋専務執行役員は、セロハンを使った新商品についてこう意気込みを語る。

 セロハンを国内で生産するメーカーは、ピーク時には13社に達した。ポリエチレンと組み合わせた「ポリセロ」が食品の包装材などに広く使われていたが、70年代から耐久性や耐水性に勝るプラスチックフィルムに需要を奪われ始める。生鮮品やパン、おにぎりなど、食品の個包装が進むにつれてセロハンは駆逐されていった。今も国内でセロハンの生産を続けるのは2社だけだ。

 その1社であるレンゴーでセロハンを生産する武生工場(福井県越前市)には、かつては6台のセロハン生産設備があったが、今では2台まで減っている。チョコレートやあめ玉のひねり包装や、セロハンテープ、粉薬の袋など、「ねじって包んだ場合に勝手にほどけない」「静電気を帯びにくく引き裂きやすい」といった特性を生かせる分野で辛うじて生き残っているのがセロハンの現状だ。レンゴーの海老原氏は「使われているというよりは、ごく一部残っているというほうが正確」と自嘲気味に話す。

 そんなセロハンに吹いたのが「脱プラスチック」の追い風だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1440文字 / 全文2098文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。