新型コロナウイルスから暮らしを守ろうとする人々の意識が高まり、マスク、除菌ウエットティッシュ、ペーパータオルなど衛生用品、インターネット通販向け段ボールの需要が急増している。一方でテレワーク勤務の広がりや広告チラシなどの減少で印刷、情報用紙の「書く」用途での紙の需要は大きく落ち込む。製紙各社は生産設備の改造や増産、新製品投入によって「包む・拭く」需要の取り込みに軸足を移し、将来を見すえて紙によって「治す」機能を創るという新たな挑戦も始まった。

 「香川のクリーンルームがマスク生産に使えるはずだ」。新型コロナ発生後、王子ホールディングス(HD)の加来正年社長はグループ内の転用可能な設備を総ざらいして衛生関連の生産強化をすると決めた。6月、王子HDのグループ会社、新タック化成(香川県三豊市)の工場では不織布マスクの生産を始めた。材料の調達から縫製まで日本製にこだわった医療用ガウンの生産にも乗り出した。名古屋にある紙おむつ向け不織布の生産設備を増強して、6月末から医療、福祉施設向けにガウンの出荷を始める。

王子ホールディングスは医療用ガウンの生産を始めた

 7月には千葉県船橋市に国内最大級となる段ボール工場を立ち上げる。物流基地が集まる船橋で関東地区での段ボール需要を取り込む。他工場でも既存設備を改造して、新聞から段ボールへと生産する品種を変える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2069文字 / 全文2635文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。