5月中旬、愛知県豊田市にあるトヨタ自動車の工場が一時生産停止に追い込まれた。理由は車載用の半導体不足でもなければ、新型コロナウイルスに伴う中国・上海の都市封鎖(ロックダウン)に起因するサプライチェーンの寸断でもない。インフラのトラブルでこの地域への工業用水の供給が途絶えたからだ。予測不可能なトラブルに見舞われたトヨタなどはどう動いたのか。BCP(事業継続計画)の観点から点検する。

大規模な漏水が発生した愛知県豊田市の水門「明治用水頭首工」。その影響で周辺工場への給水が大きく減少している(5月24日、写真:共同通信)
大規模な漏水が発生した愛知県豊田市の水門「明治用水頭首工」。その影響で周辺工場への給水が大きく減少している(5月24日、写真:共同通信)

 ゴゴゴー、ゴゴゴー――。周囲は不気味な重低音がこだましていた。川の浅瀬に入ったショベルカーが水しぶきを上げながら、黒い大きな土のうを持ち上げ、川の流れをせき止めていた。

 5月下旬、記者は愛知県豊田市を流れる矢作川の水門「明治用水頭首工(とうしゅこう)」を訪れた。心配そうに様子を見守っていた男性は「50年ここに住んでいるけど、こんな光景は初めて。まさか底が抜けるなんて。全面復旧には相当時間がかかるようだと聞くし、地元の経済・農業への影響が心配だ」と話した。

 東海農政局によると、この施設で漏水が確認されたのは5月15日。水門の上流側の水底に穴が開き、そこを通じて水が下流側に漏れ出したことで貯水できなくなった。17日には漏水が拡大した。愛知県が対外発表したのもこの日だった。

 水位が下がったため、取水できなくなった工業・農業用水の供給がストップ。緊急対策として仮設ポンプが設置され、何とか取水を再開したものの、現在も工業用水の供給量は例年の5割程度に限定されたままだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2708文字 / 全文3364文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/22ウェビナー開催、ウクライナ侵攻から1年、日本経済「窮乏化」を阻止せよ

 2022年2月24日――。ロシアがウクライナに侵攻したこの日、私たちは「歴史の歯車」が逆回転する光景を目にしました。それから約1年、国際政治と世界経済の秩序が音を立てて崩壊しつつあります。  日経ビジネスLIVEは2月22日(水)19時から、「ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済『窮乏化』を阻止せよ」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、みずほ証券エクイティ調査部の小林俊介チーフエコノミストです。世界秩序の転換が日本経済、そして企業経営にどんな影響を及ぼすのか。経済分析のプロが展望を語ります。視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。 

■開催日:2023年2月22日(水)19:00~20:00(予定)
■テーマ:ウクライナ侵攻から1年 エネルギー危機は23年が本番、日本経済「窮乏化」を阻止せよ
■講師:小林俊介氏(みずほ証券エクイティ調査部チーフエコノミスト)
■モデレーター:森 永輔(日経ビジネスシニアエディター)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。