「検査を止めるな」。血液検査など受託臨床検査最大手のH.U.グループホールディングス(HD)が、約850億円を投じた新たな検査センターを稼働させた。広さは東京ドーム3個分に近い巨大施設だ。自動化も徹底しており、時間にして検査の9割以上をロボットなどが担う。従業員の働きやすさにも配慮した開放感たっぷりの新施設を探訪した。

 東京都あきる野市にあるJR五日市線・武蔵引田駅から徒歩すぐ。田園風景が広がる地域にあって、H.U.グループホールディングス(HD)が新設した臨床検査施設「H.U.ビオネスコンプレックス」が異彩を放つ。敷地面積は12万2000平方メートルに達する。

上空から見た「H.U.ビオネスコンプレックス」。広大な敷地の中に受託検査施設や研究開発棟が並ぶ
上空から見た「H.U.ビオネスコンプレックス」。広大な敷地の中に受託検査施設や研究開発棟が並ぶ

ロボティクスで人手は3分の1に

 新施設は子会社のエスアールエル(SRL、東京・新宿)の受託検査施設などから成る。血液や尿、DNAなど医療機関から送られてきた検体を検査する能力は1日最大30万件と「世界最大級」(H.U.グループHD)。国内の約8割の医療機関と契約している。現在約700人が働くが、将来は1000人規模に増やす予定だ。

 従業員が多いようにも思えるが、それはこの施設にグループの研究開発機能も集約しているため。むしろ注目すべきは、人がほとんど介在しないまま検査をさばく自動化ラインにある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2473文字 / 全文3027文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。