石油化学事業の分離という大変革に挑む三菱ケミカルホールディングス(HD)。4月から三菱ケミカルなど事業会社の意思決定機能をHDに集約し、一体的な組織運営を目指す。就任2年目に入ったHD社長のジョンマーク・ギルソン氏が強調するのは「One Company, One Team」の考え方。その背景には「アグレッシブさが失われている」との危機感がある。

 「三菱ケミカルホールディングスグループは、持ち株会社・事業会社別に経営していたこれまでの体制から、グループを一体的に運営する体制に移行しました」

 最近、三菱ケミカルHDのホームページを開くと、こんなメッセージが表示されるようになった。同社が発信するニュースリリースの主語も、HDの後に「グループ」が加わった。些細(ささい)な変化のようだが、ギルソン社長が目指す組織像を象徴している。

 それが「One Company, One Team」。事業分野や地域にかかわらず、フラットな組織へと生まれ変わろうというスローガンだ。今後進めていく組織改革はこの考えに基づく。

就任2年目に入った三菱ケミカルHDのギルソン社長。グループの一体運営を掲げる(写真:的野弘路)
就任2年目に入った三菱ケミカルHDのギルソン社長。グループの一体運営を掲げる(写真:的野弘路)

 従来は持ち株会社である三菱ケミカルHDの下に、三菱ケミカルや田辺三菱製薬、生命科学インスティテュートといった事業会社がぶら下がり、それぞれが意思決定や事業運営を任されてきた。

 4月からはこの方式を廃止。各事業会社には社長を置かない。代わってHDが意思決定を担い、投資判断のスピードを速めるなど機動的な事業運営を目指す。事業分野や国内、海外といった地域の垣根を越え、事業展開に一体感をもたらす狙いもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1246文字 / 全文1916文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。