米ラスベガスで開かれたテクノロジー見本市「CES 2022」では、米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が設立したスタートアップ、ボーリング・カンパニーの地下トンネルにも注目が集まった。複数あるCESの会場をつないで来場者の移動を助けた。将来はラスベガス一帯に広げる計画だという。

 ラスベガスにはテスラがよく走っている。街を歩けば、必ず目に入ってくる。

 会場を移動するために乗ったウーバータクシーの運転手は、すでに小型車のモデル3を持っており「(多目的スポーツ車の)モデルYも買うつもり」と話した。

 2021年末、モデル3と高級セダン「モデルS」のトランク開閉に関する不具合に対処するため、米国では20年の年間世界販売台数に匹敵する47万台以上のテスラ車がリコールとなった。だが、この街のテスラ熱が冷めることは当面ないだろう。ウーバーの運転手のようなファンが多いことだけが理由ではない。マスク氏の「地下トンネル構想」がラスベガスの地下一帯で計画されているからだ。

CES会場の一つである中央館の地下トンネル。一大イベントらしく華やかなライトの中にテスラ車が並ぶ
CES会場の一つである中央館の地下トンネル。一大イベントらしく華やかなライトの中にテスラ車が並ぶ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1527文字 / 全文2002文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インダストリー羅針盤」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。