全2139文字

新型コロナウイルスで世界最大の被害を出している米国。移動制限を余儀なくされる中、シリコンバレーを中心とした起業家やスタートアップ投資はどこまで影響を受けているのか。米国でスタートアップへの投資に約20年携わってきたWiLの伊佐山元CEO(最高経営責任者)に聞いた。

伊佐山元(いさやま・げん)氏
1995年にウェブデザインとコンサルを行うArch Pacificを米スタンフォード大学の学生と創業。97年東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。法人営業および市場業務に従事。2001年よりスタンフォード大学ビジネススクールに留学。03年より米大手ベンチャーキャピタルのDCMにてパートナーとして、インターネットメディア、モバイル、コンシューマーサービス分野への投資を担当。シリコンバレーと日本を中心に、ベンチャー企業の発掘と育成に注力。日本にベンチャー精神を普及させるためメディアへも多数寄稿しているほか、経済産業省や文部科学省をはじめ、政府委員や有識者会議のメンバーとしてもベンチャー振興の提言を続けている。2013年にWiLを創業。

新型コロナの影響でシリコンバレーの起業意欲に影響は出ていませんか。

伊佐山元・WiLCEO(以下、伊佐山氏):意欲は衰えていない。起業家精神は景気がよくても悪くても変化がない。私自身も過去に2回、10年おきに大不況を経験している。

 20年前に渡米した頃、IT(情報技術)バブルが弾け、10年前がリーマン・ショック。しかし、1990年代の終わりにはグーグルやセールスフォースの起業があり、2007年から09年にかけてはドロップボックスやエアビーアンドビー、ウーバーの起業があるなど、大きな企業が生まれている。

 不況時には社会の課題が顕在化する。それを解決することがチャンスになる。そのことをシリコンバレーの住人は分かっている。ただ不況になると資金が付かなくなる。この3月末までは事業会社が資金の出し手になっていて、経歴がよくアイデアがいい人には「よさげだね」とすぐに資金が付いていたが、今はかなりハードルが上がっている。

リーマン・ショックが金融危機だったのとは違い、今回は実体経済に影響が及んでいます。違いは何ですか。

伊佐山氏:具体的にはスタートアップへの投資額だ。全産業がダメージを受けたITバブルでは、ベンチャーキャピタル(VC)の出資額は半分以下になった。00年から01年に半分以下、01年から02年にまた半分以下といった具合で、悲惨な時期が5年近く続いた。しかしリーマン・ショック時は2割減で済んだ。金融がおかしくなるとお金の回り方が鈍化するので影響するが、その程度。今回はITバブルのような「全産業型」といえる。

 ヘッジファンドやミューチャルファンドもそうだが、今まで大きな資金の出し手だった事業会社が設けるコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)が完全に干上がる。企業は事業を守ることに必死で、スタートアップに資金を入れていられない。