全2204文字

 日本航空(JAL)傘下の格安航空会社(LCC)、ジップエア・トーキョー(千葉県成田市)がようやく「客を乗せて」飛び立った。6月に成田ータイ・バンコク線、9月に成田ー韓国・ソウル線を就航したものの、旅客利用が見込めず、貨物専用便として運航してきたが、10月16日にソウル線で旅客便の運航を始めたのだ。ただ成田発の初便の旅客数は290の座席に対し、わずか2人。それでも旅客便としての運航を始めたのはなぜか。

貨物専用便として運航を続けてきたジップエア・トーキョーの機体が初めて旅客を乗せて飛び立った(10月16日、成田国際空港)

 「(就航までの)第4コーナーを回ったところで新型コロナウイルスの影響を受けてしまったが、まずはここまでついてきてくれた社員に感謝をしたい」。こう感慨深そうに話すのはジップエアの西田真吾社長だ。「太平洋を渡る初めてのLCCという高い目標」(西田社長)を持って2018年に設立された同社は当初、20年5月に成田~バンコク線、7月にソウル線を就航させ、今冬には本丸のホノルル線に進出する算段を描いていた。

 ただ、いよいよというタイミングでコロナ禍に見舞われた。初就航は延期となり、6月からバンコク線を飛ばし始めたものの、旅客は乗せず、貨物のみを積んでいた。9月にはソウル線も就航したものの、これも貨物だけを載せて飛んでいた。

 もっとも、航空貨物はフルサービスキャリア(FSC)各社の大幅な減便によって需給が逼迫し、輸送単価が上昇している。ジップエアは貨物便として親会社のJALとコードシェア(共同運航)している。貨物運賃はFSC並みに得られる一方で、運航コストはLCCであるだけに低く抑えられている。「燃料費や空港使用料といった最低限の費用は貨物でまかなえる」(西田社長)

 そんな中迎えた、旅客便としての初就航。16日に成田を飛び立った初便は旅客がわずか2人で、乗務員の方が多いくらいだったが、それでも旅客を乗せ始めた理由はまさにここにある。最低限の収入は貨物で得られている一方、「費用は旅客を乗せても乗せなくてもあまり変わらない」(西田社長)。客室乗務員は旅客便を運航していなくとも、研修や訓練などを実施しており、給与は発生している。であれば、乗客が1人でもいるならば乗せた方が収入増につながる。OJT(実地訓練)の場を作る狙いもあるだろう。当初は週2便を旅客便として運航するが、25日からは週3便体制にする。

 ただ、バンコク線ではそうもいかない。