いずれもANAホールディングス(HD)傘下である事業会社の全日本空輸(ANA)とLCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションは、8月27日から共同運航(コードシェア)を始める。ピーチが運航する便の一部座席をANA便として売る形で、LCC事業の強化策の一環だ。ただ、その本気度はいまひとつ読み取れない。かつてはピーチが可能性を否定してきたANAとのコードシェア。そのあるべき姿とは。

ANAとピーチが8月下旬からコードシェアを始める
ANAとピーチが8月下旬からコードシェアを始める

 ANAとピーチは27日から、成田と札幌・福岡・沖縄、中部と札幌・沖縄を結ぶ路線でコードシェアを始める。消費者目線での、ANA便として利用する最大のメリットは、ピーチ運航便への搭乗でもANAのマイルがたまる点だ。ANAの上級会員は搭乗時に空港ラウンジを使うこともできる。ピーチ便として利用する際は運賃形態によって手荷物の預け入れが別料金になるが、ANA便として利用すれば無料で1つ預けられる。

 逆に言うと、メリットはそれくらいだ。座席と座席の間隔はANA運航便に比べると狭く、無料のドリンクサービスもない。事前に予約・購入・座席指定を済ませ、預け入れ手荷物がない場合は直接保安検査場に向かうことができる「スキップサービス」も使えず、空港でピーチの自動チェックイン機を使い、搭乗手続きをする必要がある。

 かつてピーチの森健明CEO(最高経営責任者)はANAとのコードシェアについて「ANAで航空券を買ったらたまたまピーチ運航便で、席も狭いしお茶も出ない、というのに納得してもらえるのか」と話していた。この点はANAも相当気を使っている。

 ANAの公式サイトの予約画面を見てみると、ピーチとのコードシェア便には「APJ(ピーチ)運航便」と明記されている。この文字をクリックするとピーチ運航便とANA運航便のサービスの違いなどを説明するページに飛ぶ。コードシェア便の予約を進めようとすると「このフライトはPeach運航便を含みます」との表示が現れる。公式サイトから予約する分には、ANA運航便だと勘違いしてピーチ運航便を予約してしまう事態は避けられそうだ。

 ANA運航便とピーチ運航便に価格面の違いはあるのか。現在ANAは成田発着の国内線を全便運休している。ANA運航便とピーチ運航便が混在する中部─札幌線の8月27日の運賃を8月5日時点で比較してみた。

続きを読む 2/3

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1268文字 / 全文3113文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「高尾泰朗の「激変 運輸の未来図」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。