1月29日にANAホールディングス(HD)、2月1日に日本航空(JAL)がそれぞれ2020年4~12月期決算を発表した。21年3月期通期の業績について、ANAHDは営業損益が5050億円の赤字になるとの見通しを据え置いた一方、JALはEBIT(利払い・税引き前損益)ベースで3300億~3800億円としていた従来の赤字幅の見通しを4200億円に下方修正した。この差が示すものは何か。

JALは21年3月期の業績見通しを下方修正したが、ANAは据え置いた

 「需要の大幅な減少を受け、積極的な供給調整で変動費を抑え、固定費を削減してきたが、減収の全てを補うには至らなかった」。JALの菊山英樹最高財務責任者は1日、こう話した。

 JALの20年4~12月期決算は、売上高が前年同期比68%減の3565億円、EBITは2941億円の赤字となった。足元ではコロナ禍の「第3波」が襲来し、緊急事態宣言や「Go Toトラベル」の一時停止が継続中だ。21年3月期の業績見通しは売上高が従来予想比700億~1400億円減の4600億円となるなど、下方修正に追い込まれた。

 ANAHDも苦しい。1月29日に発表した20年4~12月期決算は、売上高が前年同期比66.7%減の5276億円、営業損益は3624億円の赤字となった。通期の業績については従来、3月末までに国内線需要がコロナ禍前の7割、国際線が5割まで回復するとの前提で、営業赤字が5050億円に上るとしていた。「国内線の回復について、前提が変わってきているのは事実。国際線の5割という数字も大きく崩れるのは覚悟している」(ANAHDの福沢一郎取締役)

 ただ、ANAHDは通期業績見通しの見直しには踏み込まなかった。福沢氏は「今後の動向は慎重に見極める必要がある」としながらも「21年1~3月期の多少の下振れはカバーできる」と話す。

 実は、20年10~12月期だけを見ると、両社は想定を上回る収益を得ていた。

国際貨物の単価、昨年の2倍

 JALの売上高は1617億円、EBITは702億円の赤字。JALは20年10月末に発表した従来の業績見通しを、21年3月末までに国内線需要がコロナ禍前の72~87%、国際線が25~45%まで回復する前提で算出していた。「その下限を推移したという想定と比較すれば、10~12月期の収支は100億円ほど上振れした」(菊山氏)。一方ANAHDは売上高が2357億円、営業損益は814億円の赤字だ。「10~12月期は計画比で330億円、収支が改善している」(福沢氏)

 100億円と330億円。売り上げ規模の差だけでは説明できないこの上振れ幅の違いには、貨物事業が大きく関わっている。

 国際航空貨物は現在、旅客便の大幅減便による貨物スペースの供給不足が続き、運賃が上昇している。JALによると、国際貨物の単価は前年比2倍前後で推移しているという。

 航空各社は貨物専用便を多く運航し、需要を取り込もうと必死だ。JALは20年4~12月に計9471便を運航。特に10~12月期は他社便をチャーターしてまで貨物を輸送し、12月に限ってはほぼ前年並みまで輸送量が回復した。国内線を含めた貨物郵便事業の10~12月期の売上高は374億円で「計画に比べ100億円程度上振れした」(菊山氏)。4~12月期まで広げると909億円となっている。

 ただ、JALは貨物専用機を持っていない。JALの貨物便はほとんどが旅客機に客を乗せず、下部にある貨物スペースに荷物を積むスタイルで効率は良くない。

続きを読む 2/2 「Go To」への依存度に違い

この記事はシリーズ「高尾泰朗の「激変 運輸の未来図」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。