年間50兆円とされる日本の相続財産市場だが、若い世代に資産が回らない課題がある。その中で注目を集めているのが、故人の遺言に基づいて財産を寄付する「遺贈寄付」。動物園の新しい施設が故人の遺志で生まれるなど実績も出てきた。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 2021年3月に3頭のレッサーパンダを一般公開した名古屋市の東山動植物園。5月に来園したもう1頭を含むレッサーパンダたちが過ごす様子を見られる真新しい獣舎は、名古屋市に住んでいた女性(享年70)からの約1億7000万円の「遺贈寄付」があったことをきっかけに整備したものだ。女性の「子どもたちのために人気がある動物の導入に役立ててほしい」との希望を踏まえて導入を決断した。

東山動植物園では4頭のレッサーパンダの一般公開が21年にスタートした(写真は公開された1頭のれいかちゃん)
東山動植物園では4頭のレッサーパンダの一般公開が21年にスタートした(写真は公開された1頭のれいかちゃん)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1089文字 / 全文1392文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西綾のリアル×デジタルお遍路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。