全1629文字

新型コロナウイルスの感染拡大により、結婚式をリモートで開催する取り組みが広がっている。イベントの演出やプロデュース事業を手掛けるスペサン(東京・文京)はリモートの結婚式のプロデュースに加え、ケータリング会社と提携しゲストの家に料理を届けるサービスを展開する。動画演出と料理、言い換えればデジタルとリアルを組み合わせた新たな祝いの場を実現しようとしている。

 「ジューンブライド」と言われるように、6月を中心に春から夏にかけては結婚式場やホテル、飲食店にとっては結婚関連イベントの稼ぎ時となる。ただ今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大人数が同じ会場に集まる結婚式や披露宴が延期となるケースが相次いでいる。新型コロナの感染がいつ収束するかが見えないだけに、式を開くべきかどうか不安を覚えるカップルも少なくない。

 そうした中、ウェブ会議ツール「Zoom(ズーム)」などを使った「リモート結婚式」のサービスが広がりつつある。画面を通して、指輪の交換や誓いの言葉などをゲストに見守ってもらうというものだ。

 結婚式のプロデュース業のスペサン(東京・文京)が打ち出しているのは、オンラインでもリアルの場でも楽しめる結婚式のサービス。ケータリングサービスを提供するCRAZY KITCHEN(クレイジーキッチン、東京・品川)と提携し、招待されたゲストの家にフルコースの料理を届けるサービスを5月から始めた。

 式当日は、新婦や新郎と招待客が同時にメインディッシュの魚料理を皿に盛り付るなど、違う場所にいても同じ作業をするといったイベントもある。ウェブ経由で参加者がバラバラに祝うのではなく、デジタルでの動画演出とリアルの場での料理を楽しめるように組み合わせることで、コロナ禍においても参加者が一体感が得られる場を提供しようとしている。