縁遠かったコミュニティー同士をビデオ通話アプリで橋渡しする取り組みが始まった。日本のシニア層が、在留外国人などの日本語学習者の話し相手になる。コロナ禍で人間関係が希薄になりがちな中、「孤独」を防ぐ仕組みとして自治体も熱視線を注ぐ。

アクティブシニアが日本語を学習中の外国人の話し相手になる
アクティブシニアが日本語を学習中の外国人の話し相手になる

 「日本語の勉強を始めてどれくらいになりますか」「好きな日本の食べ物は何ですか」。ビデオ通話機能を使い、画面越しに日本語でこんな会話を繰り広げていたのは、日本人のシニアとインド出身の在留外国人だ。

 2人が使っていたのは、スタートアップのHelte(ヘルテ、千葉県柏市)が提供する異文化交流アプリ「Sail(セイル)」。在留外国人や海外に住む日本語学習者に対して、日本の一般の利用者が話し相手となるサービスだ。ゴミ出しや通院の方法など、日常生活のちょっとしたことも相談できる。

 アプリ上で会話する日程を予約でき、「読書」「芸術」など自分が興味のあるテーマに応じて会話の相手をマッチングしてくれる。語学学習をうたうサービスではないため、日本人側に語学指導の経験は不要。1回の対話でやらなければいけないことも決まっていない。利用する80代の男性は「技能実習生から大学生まで、幅広い海外の人とアプリ上で気軽に話ができる」と話す。

 料金は日本語を学習する外国人が月額14.9ドル。日本人の利用者には金銭的な負担はない。既に海外の大学や日本語に興味のある個人など約1万人の外国人が利用しているという。登録している外国人は中国やインド、東南アジア、欧州など幅広い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り633文字 / 全文1278文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「大西綾のリアル×デジタルお遍路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。