新型コロナウイルス拡大による「雇用クライシス」は、中小の製造業にも様々な形で影響を及ぼしている。今後の先行きを懸念して「作れるうちに作っておこう」と考えた取引先からの注文が増えた町工場もあれば、展示会の中止で受注が減り急きょマスクの製造に参入したアパレル企業もある。折しも、今年4月からは残業規制が中小企業にも適用されている。働き方の変化も余儀なくされている中で襲ったコロナ・ショックに挑む中小製造業を追った。

第1回:新型コロナの“需要消滅”が招く雇用危機、「倒産する」悲鳴続々
第2回:新型コロナで工場休止 トヨタ、日産の城下町で見た雇用危機
第3回:トヨタの“師”が語る「新型コロナで景気が悪化しても雇用は守る」
第4回:日本電産永守会長が語る雇用と危機 コロナ・ショックにどう対応?
第5回:経済対策は迅速さ、規模に欠ける 追加対策が必要

深中メッキ工業の深田稔社長
深中メッキ工業の深田稔社長

 新型コロナウイルスの感染拡大は中小製造業の働き方や雇用にも影を落としている。経営者はそれぞれのやり方で前を向こうと懸命だ。

 社員10人の深中メッキ工業(東京・墨田)。小規模ながら高い技術を持つ町工場として知られ、安倍晋三首相が訪れたこともある。

 新型コロナウイルスの影響により、各地でデイケアサービスが縮小。深中メッキ工業の場合、この影響で一部の社員は家族をサポートする必要が出てきたため、残業が難しくなった。社内に残業ができる社員は限られるが、働き方改革の残業規制は4月から中小企業にも適用が始まった。

 同社はこのところ注文が増加していたが、新型コロナウイルスの影響を危惧して「作れるうちに作っておこう」という取引先もあり、4月も仕事が増えている。深田稔社長は「もともと人数がギリギリ。残業規制をやり繰りしながら、操業していくしかない」と話す。

 自動車関連の治具(じぐ)などを手がけるダイヤ精機(東京・大田)は社員27人の町工場だ。諏訪貴子社長は「中小企業は仕事の繁閑の差が月によってあり、仕事の平準化が難しい。新型コロナウイルスでは先が見えない分、なおさらだ。働き方改革にはきちんと対応しているが、残業規制をめぐる悩みは多い」と話す。

ダイヤ精機の諏訪貴子社長
ダイヤ精機の諏訪貴子社長

次ページ 縫製の技術生かしてマスクの製造に参入