東海道・山陽新幹線のインターネット予約サービス「エクスプレス予約(EX予約)」が20周年を迎えた。登録会員数は750万人を超え、ネット予約やチケットレス乗車が当たり前の光景になった。首都圏や関西圏に販売拠点が少ないJR東海の顧客囲い込み策として始まったEX予約だが、2022年春にはJR東日本が管轄する都区内や横浜市内などの駅でも、指定席券売機などで切符が受け取れるようになる。新型コロナウイルス禍により、ネット予約比率を高めて有人窓口を閉鎖したいJR各社の方針が一致したためだ。今後は、宿泊や観光プランなども予約できるようにする予定。コロナ収束後を見据え、ビジネス需要だけでなく観光需要も取り込む予約プラットフォームの役割を担う。

 なぜインターネットで予約した切符が出張先で受け取れないのか――。東海道新幹線を利用したとき、そんな思いを抱いたビジネスパーソンは少なからずいるのではないだろうか。JR東海が運営する「エクスプレス予約(EX予約)」「スマートEX」で予約した切符は首都圏にあるJR東の駅では受け取れない。逆に、JR東が運営する「えきねっと」で予約した切符は、関西地方や中部地方では受け取れない。そんな不便な状況が22年春、ついに改善される。両社が切符の相互受け取りを始めるためだ。

 JR東海の営業本部システム開発・運用グループの中野久司氏は「両社ともチケットレス化を進めており、切符の発券数は減ってきている」と話す。コロナ禍による業績悪化を受け、JR各社は有人の「みどりの窓口」を閉鎖し、券売機への置き換えを進めている。そのためにはネット予約の比率をさらに高める必要があり、両社の方針が一致した。

東海道新幹線のインターネット予約比率は年々高まっている
東海道新幹線のインターネット予約比率は年々高まっている

 EX予約が生まれたのは今から20年前の01年のことだ。長年、不便な状態が続いた背景に何があったのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3846文字 / 全文4626文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。