2022年9月23日に開業した西九州新幹線(長崎~武雄温泉間)。計画では九州新幹線とつながるはずだが、残る佐賀県内区間の着工にめどが立たず、離れ小島状態の長期化は避けられない。なぜこのような状態が続くのか。「問題の元凶」と批判の声もある佐賀県の山口祥義知事が、日経ビジネスの単独インタビューに応じた。

 2022年9月23日に開業した西九州新幹線。真新しい長崎駅(長崎市)のホームに上る階段には「新鳥栖・博多方面」という案内看板が掲げられている。ホームに停車している新幹線の行き先も「博多行き」だ。

長崎駅の新幹線ホームの案内は「新鳥栖・博多方面」となっているが……
長崎駅の新幹線ホームの案内は「新鳥栖・博多方面」となっているが……

 ところが、西九州新幹線には新鳥栖駅も博多駅もない。長崎駅を出発して約20分。こんなアナウンスが流れる。「間もなく、武雄温泉です。武雄温泉で、博多行き特急に接続しています」――。ここでホームの向かい側に停車している在来線特急に乗り換えとなる。

 西九州新幹線は、長崎駅から佐賀県武雄市の武雄温泉駅までの営業キロが69.6キロメートルという、日本一短い新幹線。どのくらい短いか分かりやすく言えば、東京駅を起点にして東海道新幹線の小田原駅(神奈川県小田原市)までが83.9キロメートル、上越新幹線の熊谷駅(埼玉県熊谷市)までが64.7キロメートルである。

武雄温泉駅では同一ホーム上とはいえ在来線特急に乗り換える必要がある
武雄温泉駅では同一ホーム上とはいえ在来線特急に乗り換える必要がある

 もちろん計画では九州新幹線の新鳥栖駅(佐賀県鳥栖市)を通り、博多駅(福岡市)まで乗り入れる予定になっている。ところが現時点で、武雄温泉~新鳥栖間をどのように整備するのか決まっていない。西九州新幹線は「全国新幹線鉄道整備法」に基づき建設され、建設費の3分の2を国、3分の1を地元の県が負担する。残る区間は全て佐賀県内だが、同県との調整が進んでいない。ある長崎県民は「佐賀県のわがままのせいで、新幹線がつながらない」と不満げに語る。静岡県の反対で工事に着手できないリニア中央新幹線と同様、「地域エゴ」という批判の声も少なくない。

 日経ビジネスでは当事者である佐賀県の山口祥義知事にインタビューし、佐賀県の真意を聞き出した。佐賀県への批判の声に対し、まずはこう反論する。

山口祥義(やまぐち・よしのり)氏
山口祥義(やまぐち・よしのり)氏
1965年、佐賀県出身の両親のもと、埼玉県で出生。89年に東京大学法学部を卒業し、旧自治省(現在の総務省)に入省。秋田県、鳥取県、長崎県に出向したほか、総務省地域力創造グループ過疎対策室長などを務める。2015年に佐賀県知事選挙に出馬して初当選。現在2期目(写真=菅 敏一)

 「この問題の本質を全く分かっていません。本来、西九州新幹線の開業の日には、佐賀駅(佐賀市)にも新幹線が通るはずだった。武雄温泉~新鳥栖間は新幹線が在来線を使うことが大前提の計画だったからです。この問題は、線路の幅が異なる新幹線と在来線を直通できるフリーゲージトレイン(FGT)ができると国がずっと約束し続けていたのに、できません、となったことに大きな原因があります」

 新幹線なのに、在来線を使うというのはどういうことか。ここには少し説明が必要だろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4121文字 / 全文5232文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

12/15ウェビナー開催、「外食を救うのは誰か」第1回――すかいらーく創業者の横川氏が登壇

 新型コロナウイルスの感染拡大から3年目となり、外食店に客足が戻りつつあります。一方、大手チェーンが相次ぎ店舗閉鎖を決定するなど、外食産業の苦境に終わりは見えません。どうすれば活気を取り戻せるのか、幅広い取材を通じて課題を解剖したのが、書籍『外食を救うのは誰か』です。
 日経ビジネスLIVEでは書籍発行に連動したウェビナーシリーズを開催します。第1回目は12月15日(木)19:00~20:00、「『安売りが外食苦境の根源だ』ファミレスをつくった男が激白」がテーマです。講師として登壇するのは1970年にファミリーレストラン「すかいらーく」1号店を開業した横川竟氏と、外食経営雑誌『フードビズ』の神山泉主幹です。書籍を執筆した記者の鷲尾龍一がモデレーターとなり、視聴者の皆様からの質問もお受けします。ぜひ、議論にご参加ください。

■日程:12月15日(木)19:00~20:00(予定)
■テーマ:「安売りが外食苦境の根源だ」ファミレスをつくった男が激白
■講師:横川竟氏(すかいらーく創業者、高倉町珈琲会長)、神山泉氏(外食経営雑誌『フードビズ』主幹)
■モデレーター:鷲尾龍一(日経ビジネス記者)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。有料会員以外は3300円(税込み)となります。
※第2回は詳細が決まり次第ご案内します。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。