千葉県のいすみ鉄道、新潟県のえちごトキめき鉄道で公募により社長に選ばれ、ローカル線の維持・再生に汗をかいてきた鳥塚亮氏。ローカル線の収支をできる限り改善したうえで、それでも足りない部分は地元からの支援を受ける必要があると語る。そのために、都会など外から人を呼び込む存在になるべく様々な工夫をしてきた。そんな鳥塚氏から見ると、JR各社が公開した線区別収支の数値には大きな問題があると話す。

えちごトキめき鉄道社長 鳥塚亮[とりづか・あきら]氏
えちごトキめき鉄道社長 鳥塚亮[とりづか・あきら]氏
1960年東京都生まれ。元英ブリティッシュ・エアウェイズ旅客運航部長。2009年に公募で千葉県の第三セクター・いすみ鉄道社長に就任。ムーミン列車や、昭和の国鉄型ディーゼルカー、レストラン列車などを走らせて全国区の知名度を獲得。地方創生に貢献した。2019年9月、再び公募で新潟県の第三セクター・えちごトキめき鉄道社長に就任。いすみ鉄道と同様、様々な話題作りで集客に知恵を絞っている。

 私は2009年から18年まで千葉県の第三セクター「いすみ鉄道」で社長を務めた後、19年からは新潟県の第三セクター「えちごトキめき鉄道(トキ鉄)」で社長をしています。

 まだ40代のときに英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズを辞めてまでいすみ鉄道の社長公募に手を挙げたのは、ローカル鉄道が存続するための正念場だと思ったからです。

 いすみ鉄道は特定地方交通線といって、国鉄が「利用客が少ないからバス転換でいい」と廃止を決めた路線です。これに対して地元が「なにくそ」と思って第三セクター鉄道として存続させました。ただし、私が社長になったとき、会社設立から約20年がたって車両の老朽取り換えなどが迫ってきていた。赤字経営ですから、株主である沿線自治体が「車両の購入費用がかかるくらいなら、廃線にしよう」と言うかもしれない。10年以内に転機が訪れるのが見えていました。

 私は、鉄道を外から人を呼び込む「地域の看板」にしようと考えました。JRで引退した古い車両を購入して走らせたり、レストラン列車を企画したりと、ローカル鉄道の新たな使い方を打ち出したのです。結果的に赤字経営でも、地元にその意義が認められ、存続できるメドが立った。第三セクター鉄道のなかでも経営状態が悪いいすみ鉄道が存続できたということは、他の路線もやる気を出せば生き残れることを示せたと思います。

 19年、再び公募で今度はトキ鉄の社長になったのは、並行在来線の存続問題が今後起きてくると思ったからです。

 整備新幹線が開通する際、並行して走るそれまでの在来線は、JRが経営分離できることになっています。もっとも、博多~熊本間といった黒字が見込める区間をJRが手放すことはない。赤字が見込まれる路線だけを地元自治体の手に委ねるのです。トキ鉄は15年に北陸新幹線が金沢まで開業した際、JR信越本線とJR北陸本線の新潟県区間を引き継いで発足しました。

えちごトキめき鉄道はJR東日本から引き継いだ「妙高はねうまライン」(旧信越本線)とJR西日本から引き継いだ「日本海ひすいライン」(旧北陸本線)の2路線を運営している
えちごトキめき鉄道はJR東日本から引き継いだ「妙高はねうまライン」(旧信越本線)とJR西日本から引き継いだ「日本海ひすいライン」(旧北陸本線)の2路線を運営している

 新幹線が開通する前は特急列車や貨物列車が多く走る幹線でしたから、1960~70年代に複線化や電化が行われています。それから約50年が経過し、老朽化した設備の大規模修繕・更新時期に差し掛かっています。この費用をどうするのか。地元自治体にとっては大きな課題なのです。