JR西日本は9月11日から新しい観光列車「ウエストエクスプレス銀河」の運行を始める。新型コロナウイルスの感染防止対策として定員を約4割減らし、宿泊などと組み合わせたパッケージツアーとして販売。当初予定していた駅窓口での販売は見送った。鉄道各社は「密」を避けたい消費者のニーズにこたえるために、国の認可が必要な通常の運賃ではなく、柔軟な料金設定ができるツアー商品を活用し始めた。

JR西日本が運行を始める観光列車「ウエストエクスプレス銀河」
JR西日本が運行を始める観光列車「ウエストエクスプレス銀河」

 ウエストエクスプレス銀河は、京都・大阪~出雲市(島根県)間を夜行列車として運行する。乗車時間は出雲市行きが約12時間、大阪行きが約14時間と長く、乗ることそのものを楽しむ観光列車だ。JR西日本が17年から運行している豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」とは異なり、手軽に乗れる観光列車として企画された。安価なリクライニングシートや横になれるカーペットカー、プライベート空間が確保できる個室など多様な設備を備える。

 当初は5月に運行を始める予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。4カ月遅れでの運行開始に当たり、幾つかの感染防止策を採った。空気清浄機の搭載や飛沫感染防止パーティションの設置に加え、85人の定員を54人へと約4割減らすことにした。

 切符の販売形態も大きく変えた。当初は通常の列車と同様に、駅窓口やインターネット予約サービスで乗車券と特急券を販売する予定だった。それでは、仮に感染者が発生した場合に、乗客と連絡をとるのが難しい。そこで当面の間、グループの旅行会社・日本旅行が主催するパッケージツアーでなければ乗車できないようにした。

 ツアーに絞った理由は感染防止策の他にもあるようだ。ツアー代金は、大阪~出雲市間を往復とも銀河に乗車する場合で3万1100円(税込み。以下同)から。当初販売予定だった切符は、大阪~出雲市間で片道9770円からだった。ツアーには現地で利用できる観光クーポンや3食分の弁当を含むため、単純な比較はできないが、切符より高めの料金設定となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1411文字 / 全文2262文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/