9月23日の西九州新幹線(長崎~武雄温泉間)開業が目前に迫る長崎県で次世代移動サービス「長崎県MaaS」が始まった。JR九州や長崎自動車(長崎バス)、長崎電気軌道など10社近い交通事業者が参画し、長崎県内全域が対象となる。国内では例を見ない規模の取り組みだ。新幹線の駅から観光スポットへの2次交通の貧弱さに悩むJR九州と、人口減の中、利便性の向上で利用客を増やし公共交通を維持したい地元交通事業者の利害関係が一致した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2611文字 / 全文2628文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題