2022年7月から9月まで行われている大型誘客企画「岡山デスティネーションキャンペーン」。観光地のアピールだけでなく「おか鉄フェス2022」と題した鉄道ファン向けの企画が次々と実施されている。営業部門任せにせず、現場を含む支社スタッフ総出で知恵を絞り、鉄道という資産を最大限活用して稼ごうという意識が浸透し始めた。

 「2人をいじめるつもりで、ルールには従わずに想定外の行動を取ってください」

 6月24日、インターネット上に集まった社員たちにそんな不思議な指示を出したのは、JR西日本岡山支社の小林敏博経理課長。この日、岡山支社の会議室では、9月10日に開催予定の「おか鉄!ザ・鉄道中古物品ネットオークション」のリハーサルが行われていた。本番では、どんな質問が飛んでくるか分からず、ルール通りに入札されるかどうかも分からない。しかも、進行役を務めるのは岡山駅の駅長と駅員の2人。運営も全てJR西の社員で、ネットオークションの経験はゼロ。そこで社員20人に参加者役を依頼して、本番さながらのリハーサルに臨んだのだ。

岡山駅長と駅員が進行役となって鉄道部品のネットオークションを行う
岡山駅長と駅員が進行役となって鉄道部品のネットオークションを行う

 案の定、課題が次々と見つかった。「入札時間は5分とあるが、残りが何分なのか分からなかった」「チャットに書き込まれた質問に回答がなかった」「質問を打ち切るタイミングが難しいね」――。どうすればスムーズにオークションが進行するのか、活発な議論が交わされた。

ホームの天井からつり下げられた標識なども出品される予定
ホームの天井からつり下げられた標識なども出品される予定

 岡山県と広島県東部(備後地方)にまたがる岡山支社エリアでは、この7~9月、「こころ晴ればれ おかやまの旅」と題した岡山デスティネーションキャンペーン(DC)が実施されている。DCは旧国鉄時代から続くJR6社共同の大型誘客キャンペーンで、3カ月ごとに全国各地を回る。岡山支社のエリアが舞台になるのは、16年以来6年ぶりのことだ。

 冒頭で紹介したネットオークションは、DCに合わせて岡山支社が企画した「おか鉄フェス2022」という鉄道ファン向けのイベントの1つ。大型キャンペーンなのに、なぜ鉄道ファン向けなのか? そして誘客をうたうのにインターネットで開催する理由は? どうして営業部門ではない経理課長が仕切っているのか? 数々の疑問が浮かぶ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2251文字 / 全文3173文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。