新型コロナウイルスの影響で四半期初の最終赤字となり、今期の予想も見送ったJR東海。先行きが見えないのはリニア中央新幹線の工事が止まっている問題も同じだ。静岡県が南アルプスの工事を認めず、27年の開業が困難という。新たな日本経済の大動脈と位置付けられるリニア。なぜここまで、両者の関係はこじれたのか。

リニア中央新幹線は2027年に東京―名古屋間が開業する予定で工事が進められてきた。
リニア中央新幹線は2027年に東京―名古屋間が開業する予定で工事が進められてきた。

 JR東海が7月31日に発表した2020年4~6月期決算は、最終損益が726億円の赤字に転落した。四半期としては過去最大の赤字幅だ。新型コロナの感染拡大で、稼ぎ頭である東海道新幹線の利用が大きく落ち込んだ。21年3月期は、新型コロナの影響が読めず、未定とした。

 不透明な状況なのはリニアも同じだ。静岡県が、トンネル掘削で大井川の流量が減少することを懸念し、本体工事の準備のための工事も認めていない。静岡県の中央新幹線対策本部長としてJR東海や国土交通省と向き合う難波喬司副知事は日経ビジネスの取材に対して「トンネル本体工事に入る前提が整っていない。だから仮にリニアの開業が遅れるとしても、工事の着手は認められない」と主張する。

 リニアは静岡県北部の南アルプスの地下1400mを、トンネルで約11km通過する。掘削工事には6~7年かかり、その後に設備を敷設したり、試運転をしたりする期間を考慮すると、27年開業へのタイムリミットが来ているという。問題の静岡工区は東京-名古屋間で唯一、着工できていない区間だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3675文字 / 全文4302文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。