1日1km当たり平均利用客数を示す「輸送密度」がたった9人。JRで最も利用客数が少ないのが芸備線の東城(広島県庄原市)~備後落合(同)間だ。100円の収入を得るのに2万6906円の経費がかかっている。沿線自治体はこの赤字ローカル線の存続を願うが、果たして収支改善は可能なのか。

「秘境のターミナル駅」と呼ばれるJR芸備線の備後落合駅
「秘境のターミナル駅」と呼ばれるJR芸備線の備後落合駅

 6月末の土曜日、私は中国地方での取材を終えたその足で、かねて一度訪れてみたいと思っていた備後落合駅(広島県庄原市)へと向かった。

 備後落合駅は、鉄道好きの間では「秘境のターミナル駅」として知られている。広島駅(広島市)と備中神代駅(岡山県新見市)を結ぶJR芸備線と、宍道駅(松江市)から延びるJR木次線が接続するから「ターミナル駅」。ではなぜ「秘境の」と枕ことばが付くのか。それは山深い中国山地に位置しているうえ、利用客が極めて少ないからだ。

 2020年度の輸送密度(1日1km当たりの平均利用客数。平均通過人員とも言う)は、備後落合から広島方面の芸備線(備後落合~備後庄原間)で63人、島根県方面の木次線(出雲横田~備後落合間)は18人、そして岡山県方面の芸備線(東城~備後落合間)はなんと9人しかいない。この9人という数値は全国のJRグループで最も少ない(災害などによる不通区間は除く)。

 利用客が少ないということは当然、多額の赤字を計上しているということでもある。JR西日本は22年4月に、会社発足以来初めて、輸送密度2000人未満の線区について18~20年度平均の収支を公表した。それによると芸備線(備後落合~備後庄原間)は100円の収入を得るために5260円の経費がかかっているという。同様に木次線(出雲横田~備後落合間)は8119円。芸備線(東城~備後落合間)はなんと2万6906円もかかっており、運賃収入で経費の0.4%しかまかなえていないという衝撃的な事実が明らかになった。

[画像のクリックで拡大表示]

 備後落合駅は、このJR西において収支ワースト3の線区が集まる中心に位置する。どれだけ閑散としているのか、この目で確かめておきたかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2902文字 / 全文3773文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

佐藤嘉彦記者の『鉄道会社サバイバル』好評発売中!

コロナ禍、人口減、鉄道を襲ういくつもの苦難。それでも、現場のハートは燃えている! 鉄道が担う公共交通という役割を残し、守ろうと奮闘する現場の人々の思いを追って、日経ビジネスの「鉄」記者が自ら駆け回ってきました。人気連載「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」をついに書籍化! 日本全国の鉄道の、現場の挑戦、苦闘、そしてトンネルの向こうを目指す生の声を伝えます。