JR西日本の「ウエストエクスプレス銀河」は往年のブルートレインを思わせる青い車体

 「ブルートレイン」、略して“ブルトレ”。この名前に懐かしさを感じる中高年は少なくないだろう。夜行の寝台列車として青い車体の客車が登場したのが1958年のこと。蒸気機関車が現役を引退し「SLブーム」が一段落した70年代後半には、当時の中高生を中心に「ブルートレインブーム」が巻き起こった。

 しかし80年代以降、新幹線網の発達とともに夜行列車の廃止が加速。ブルトレは次々と姿を消していった。現在、JRを定期的に走る夜行列車は「サンライズ出雲・瀬戸」(東京~出雲市・高松)のみで、これは愛称となっている夜明けをイメージしたベージュと赤の車体だ。また列車に宿泊しながら周遊するクルーズトレインとしてJR東日本が「トランスイート四季島」、JR西日本が「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」、JR九州が「ななつ星 in 九州」をデビューさせたが、車体の色は四季島が金、瑞風が濃緑、ななつ星が赤紫と、いずれもブルトレのイメージとは大きく異なる。

 そんな中、“令和版ブルトレ”として人気を集めているのが、JR西が20年9月から運行を始めた「ウエストエクスプレス銀河」だ。濃紺の外観はブルトレをほうふつとさせ、列車名の「銀河」は08年3月まで東京~大阪間を走っていた夜行列車と同じ。車内設備も、向かい合うボックスシートの背もたれを倒すとベッドになる「ファーストシート」は往年のA寝台、2段ベッドが並ぶ「クシェット」は往年のB寝台に通ずる雰囲気だ。

 さらに車内にあるフリースペースには「明星」「彗星(すいせい)」といった寝台特急と同じ名前が付けられ、当時のヘッドマークも再現されている。担当する営業本部の内山興課長は「87年の分割・民営化以降、効率化や速達化でブルトレは淘汰されていった。失われていった鉄道の旅を再発見してもらいたいと考えた」と話す。

ブルートレインのB寝台とよく似ている2段ベッドの「クシェット」
フリースペースにはブルートレインのヘッドマークを模したアクリルパネルが置かれている

 企画した当初は、往年のブルトレと同じように全国の駅窓口を通じて切符を発売する予定だった。しかしデビューが新型コロナと重なり、感染防止の観点から、乗客への連絡を取りやすいツアー形式での販売に切り替えている(参考記事「特急の『密』回避ニーズ、鉄道会社はツアー商品に活路」)。販路はJR西グループの旅行会社・日本旅行に限定されたが、定員の54人を上回る申し込みがあり、抽選が常態化している。緊急事態宣言下ではキャンセルがあったものの、「それでも半分ぐらいの乗車率で、逆に驚いた」(内山氏)。しかもリピート利用もあり、抽選の倍率は増加傾向という。

 運行区間はまず、20年9月から11月までが京都・大阪~出雲市(島根県)の山陰コース、20年12月から21年3月上旬までが大阪~下関(山口県)の山陽コースとなった。そして3月下旬から6月まで再度、山陰コースを走り、この7月16日からは新たに京都・新大阪~新宮(和歌山県)の紀南コースを走り始める。

 大阪から新宮へは、00年まで夜行列車が走っていた。古くは新宮の熊野速玉大社にちなんだ「はやたま」という列車名があり、列車名のない普通列車となった後は、朝釣りをする人たちがよく利用することから“太公望列車”、あるいは“新宮夜行”といった愛称で呼ばれてきた。ただし大阪から新宮までは約270km。夜行列車が走る距離としてはやや短く、廃止時点では新大阪を23時前に出発し、新宮には早朝5時過ぎに着くダイヤだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3234文字 / 全文4651文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。