新幹線が「走るシェアオフィス」になる――。JR東日本・JR北海道や、JR九州が6月14日から、新幹線にリモートワークができる車両を設ける実証実験を始めた。パソコン画面を自分だけが見られるスマートグラスを貸し出すなど、あの手この手で新たな働き方に合わせた移動の在り方を模索する。

新幹線をオフィスのように使う実験車両では座席で自由に通話できる

 JR東とJR北は7月16日までの平日に、東北・北海道新幹線「はやぶさ」の全列車で、1号車を「リモートワーク推奨車両」として走らせる。この車両の座席は販売せず、別の号車の指定券を持っている乗客が自由に利用できる。追加料金は不要だ。

 車両の設備は通常と同じ。座席に座ったまま携帯電話で話したり、パソコンでウェブ会議を開いたりして構わない。上下5本の列車では、無線接続用の機器などリモートワークのための道具を貸し出す。

 実験は2回目だ。2月、「新幹線オフィス」と銘打ち実験に取り組んだ。同月中旬に発生した福島県沖地震によって1カ月を予定していた期間は約2週間になったが、利用者へのアンケートで幾つかの課題が見えた。今回はその課題を受けた実験第2弾という位置付けだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1724文字 / 全文2208文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。