4月15日に運賃改定を申請した近畿日本鉄道。関西から三重、名古屋まで広がる私鉄最長の路線網を有し、通勤や通学、輸送だけでなく都市間移動、観光利用も多い鉄道会社だ。鉄道事業に限ればJRに近い側面があり、沿線人口の減少が大きな課題になっている。成長が期待できるのは沿線外からの観光利用に限られることから、マーケットが大きい首都圏を攻略すべく、新たな取り組みが始まった。

 4月29日、近畿日本鉄道は大阪、奈良、京都を結ぶ観光特急「あをによし」の運行を始めた。天平時代の高貴な色とされる紫色の車体が特徴で、車内にはゆったりとしたソファ席や4人用の半個室を備える。近鉄グループのシェラトン都ホテル大阪で当日の朝に作った車内限定スイーツや、同じく近鉄グループが醸造するクラフトビールなどを販売する売店も設けられている。

「あをによし」は製造から約50年経過した特急車両を改造した。新造に比べ3分の1のコストに抑えた
「あをによし」は製造から約50年経過した特急車両を改造した。新造に比べ3分の1のコストに抑えた

 運行経路はかなり遠回りとなる。朝9時半ごろに大阪難波駅を出発し、近鉄奈良駅を経由して京都駅へ。所要時間は1時間20分と長い。その後、京都駅と近鉄奈良駅の間を2往復する。午後3時台に京都駅を出発して、近鉄奈良駅経由で大阪難波駅へと戻る。大阪と京都を乗り換えなしで結ぶ近鉄の特急列車は1992年以来、30年ぶりの復活だ。「乗り通す」というより、大阪~奈良間、京都~奈良間の移動が大半とみられる。

 大阪難波駅~近鉄奈良駅間は約40分、京都駅~近鉄奈良駅間は約35分と、いずれも1時間もかからない。短い距離であるにもかかわらず、3億3000万円を投じて特別な車両を導入するのはなぜか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3026文字 / 全文3693文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

佐藤嘉彦記者の『鉄道会社サバイバル』好評発売中!

コロナ禍、人口減、鉄道を襲ういくつもの苦難。それでも、現場のハートは燃えている! 鉄道が担う公共交通という役割を残し、守ろうと奮闘する現場の人々の思いを追って、日経ビジネスの「鉄」記者が自ら駆け回ってきました。人気連載「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」をついに書籍化! 日本全国の鉄道の、現場の挑戦、苦闘、そしてトンネルの向こうを目指す生の声を伝えます。