3月12日、JR各社をはじめ多くの鉄道会社でダイヤ改正が行われる。新型コロナウイルス禍になって2年あまり。1年前の2021年3月ダイヤ改正では主に終電時刻の繰り上げに注目が集まったが、今年は鉄道利用がコロナ前には戻らないことを前提に、利用実態に即した運行形態の見直しが顕著になっている。JR東日本とJR西日本は1987年の会社発足以降、自然災害によるものを除いて最大の削減幅となるが、内容を細かく見ると、利用客数に応じて線区ごとに削減幅のメリハリをつけていることがわかる。

 湘南新宿ライン、上野東京ライン、そして相鉄・JR直通線――。JR東日本は2000年以降、首都圏で積極的に直通運転を増やし、乗り換えの手間を省くことで利便性の向上を図ってきた。しかしこの3月のダイヤ改正では、これまでとは打って変わって直通運転を取りやめる路線が目立つ。常磐線では日中の時間帯、上野駅から水戸の先の勝田駅(茨城県ひたちなか市)まで直通運転していた普通列車が土浦駅(茨城県土浦市)止まりになる。宇都宮線(東北本線)では、都心と黒磯駅(栃木県那須塩原市)を結んでいた普通列車がなくなり、すべて宇都宮駅で乗り換えとなる。また、朝夕ラッシュ時に行われていた中央快速線と八高線の直通運転、横浜線と相模線の直通運転も廃止になる。

中央快速線から八高線の高麗川駅(埼玉県日高市)まで直通していた列車は廃止になる
中央快速線から八高線の高麗川駅(埼玉県日高市)まで直通していた列車は廃止になる

 この動きはJR東だけではない。小田急電鉄も、江ノ島線の運行を特急ロマンスカーなど一部列車を除いて藤沢駅(神奈川県藤沢市)を境に分断。新宿駅方面からの列車は藤沢駅止まりとなり、藤沢駅~片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)間は折り返し運転となる。

 利用者にとって便利な直通運転だが、実は鉄道事業者にとってはデメリットが少なくない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1813文字 / 全文2537文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「佐藤嘉彦が読む鉄道の進路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。