建設各社が取り組む “すごい”グリーン建設を紹介する本シリーズ。前回は建物をエネルギー貯蔵庫に変える水素エネルギー利用システムを紹介した(ビルが“巨大な電池”に? 清水建設支店に潜む水素タンク群)。最終回は「ビルを建てれば建てるほど二酸化炭素(CO2)を街に封じ込める」というコンクリートの実像に迫る。

大成建設が開発している「カーボンリサイクル・コンクリート」
大成建設が開発している「カーボンリサイクル・コンクリート」

 「ほら、コンクリートなのに真っ白でしょう」

 ここは横浜市にある大成建設技術センター。コンクリート一筋の研究者である大脇英司氏が指さして説明してくれたのは、灰色というよりもほぼ「白色」といえるコンクリートだった。

 この白いコンクリートは、大成建設が開発している「カーボンリサイクル・コンクリート」。CO2を回収して製造した炭酸カルシウムを構成材とし、コンクリート内部に大量のCO2を固定する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1303文字 / 全文1659文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「江村英哲の「ひと×街×テック」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。