クリーク・アンド・リバー社が開発したVR空間上の3次元モデルハウスの様子

 「3密」回避が叫ばれるコロナ禍の経済活動で、顧客との“接触”機会を増やすため、VR(仮想現実)空間内でのアバター(分身)を活用したビジネスが広がりをみせ始めた。例えば、住宅展示場。屋内空間でのコミュニケーションが多くなるため、展示会場での営業が敬遠されている。

 知的財産のマネジメントなどを手掛けるクリーク・アンド・リバー社(C&R、東京・港)はオンラインのVR空間内に住宅展示場のプラットフォーム「VR建築展示場」を構築。7月下旬から企業向けの出店セミナーを開始した。

 C&Rは5月に「超建築VR」と名付けたVRモデルハウスを制作するサービスを建築事業者向けに開始している。VR空間内に建設した建物をアバターで仮想体験できる技術だ。C&R建築グループの田中尚美シニアプロデューサーは、「コロナ禍を契機にハウスメーカーから『営業活動ができるVR空間をつくれないか』という問い合わせが急増した」と言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2843文字 / 全文3264文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「江村英哲の「ひと×街×テック」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。