全3264文字
クリーク・アンド・リバー社が開発したVR空間上の3次元モデルハウスの様子

 「3密」回避が叫ばれるコロナ禍の経済活動で、顧客との“接触”機会を増やすため、VR(仮想現実)空間内でのアバター(分身)を活用したビジネスが広がりをみせ始めた。例えば、住宅展示場。屋内空間でのコミュニケーションが多くなるため、展示会場での営業が敬遠されている。

 知的財産のマネジメントなどを手掛けるクリーク・アンド・リバー社(C&R、東京・港)はオンラインのVR空間内に住宅展示場のプラットフォーム「VR建築展示場」を構築。7月下旬から企業向けの出店セミナーを開始した。

 C&Rは5月に「超建築VR」と名付けたVRモデルハウスを制作するサービスを建築事業者向けに開始している。VR空間内に建設した建物をアバターで仮想体験できる技術だ。C&R建築グループの田中尚美シニアプロデューサーは、「コロナ禍を契機にハウスメーカーから『営業活動ができるVR空間をつくれないか』という問い合わせが急増した」と言う。