新型コロナウイルスの感染拡大による宿泊客の激減に苦しむホテル業界。環境変化の荒波にあらがえず、施設を閉める事業者も増えている。大阪市中央区にあるビジネスホテル「ホテルWBF淀屋橋南」もその1つ。運営母体のWBFホテル&リゾーツ(大阪市)が2020年4月27日に民事再生法の適用を申請したことで5月末に閉館した。現在、この宿泊施設をオフィスへとコンバージョン(用途変更)する計画が進行している。7月には改修工事が始まり、21年1月に完成する予定だ。

大阪市中央区に立つ「ホテルWBF淀屋橋南」の外観。5月末に閉館しており、現在はオフィスへのコンバージョン(用途変更)計画が進む

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1624文字 / 全文1857文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「江村英哲の「ひと×街×テック」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。