近鉄グループホールディングスから「都ホテル京都八条」を含む8物件を約600億円で買い取った取引が話題となった米投資ファンドのブラックストーン・グループ。世界的な低金利により金融商品の運用が難しくなる中、比較的利回りの高い不動産への投資妙味について、ブラックストーン・グループ・ジャパン代表の橘田大輔氏に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1075文字 / 全文3530文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「江村英哲の「ひと×街×テック」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。