東京都港区に建つ高級マンションのリビングルーム。「3A(麻布、青山、赤坂)+R(六本木)」と呼ばれるエリアでは2億円を超える物件の需要が伸びている

 不動産仲介サイトなどで物件情報が出回らない高級マンションの需要が東京都心で伸びている。特に人気なのが「3A(麻布、青山、赤坂)+R(六本木)」と呼ばれ、コロナ禍を経ても新築、中古ともに平均坪単価の上昇が続く地域だ。

 価格は2億円から8億円ほどで、大手企業などで働くパワーカップルや会社役員でも手が届きにくい。インバウンド消失で外国人投資家の食指もいまは動きを潜めている。では、誰が買うのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1296文字 / 全文1500文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「江村英哲の「ひと×街×テック」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。