法的な婚姻関係のないLGBT(性的少数者)のカップルに対し、「共同で暮らす住宅を購入する資金を連帯して借りたい」というニーズに応える金融機関が増えている。電通の推計によると性的少数者の消費行動における市場規模は5兆4200億円。これまで潜在的だった市場の開拓を目指し、地方銀行など金融機関が新需要の掘り起こしに動いている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1720文字 / 全文1728文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「江村英哲の「ひと×街×テック」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。