全3178文字

国内屈指の老舗蔵元、新政酒造(秋田市)がしぶとさを見せている。新型コロナウイルスのあおりを受けて苦境にある地酒業界だが、根強いファンを持つ新政にとってはどこ吹く風だ。純米酒しか造らず、酒造米は秋田県産のみ。仕込み桶(おけ)には木を使い、信頼できる酒屋にしか卸さない。2007年から経営に関わり、創業168年の名門をマニア受けする先鋭的な会社に仕立て直した8代目当主、佐藤祐輔社長(46)が語る変革の極意。今回はそのインタビュー後編となる。

前回から読む

佐藤祐輔(さとう・ゆうすけ)社長
1974年生まれ。新政酒造8代目蔵元。東京大学文学部を卒業後、東京でライター・編集者として活躍。2007年に新政酒造入社。こだわりのある日本酒造りを貫いて会社を立て直し、12年に社長に就任した。秋田県内の4人の若手蔵元とともに「NEXT5」を結成し、技術交流などで協力。コロナの逆風に対応するため組織された地酒の全国組合でも中心的な役割を果たす。

前回は、安売りの対象にされがちだったパック入りの普通酒の醸造を思い切ってやめ、こだわりのある純米酒に絞り込むところまでうかがいました。2012年、佐藤さんが社長に就任した年です。

佐藤祐輔・新政酒造社長(以下、佐藤氏):生産品を純米酒だけにしたとき、地元から不満の声が出ました。蔵の経営の本質である酒造りは社長になる以前から私が決めていたのですが、地元に対しては方針を説明し、不満がある人にはきちんと謝らないといけない。そのため、親父に頼んで、社長を交代してもらいました。

 方針転換について「値段が高い」「何をお高くとまっているのか」「味が変わった」といった声があったのは承知していました。(前回の記事で)「日本酒優先で、焼酎など他のお酒は造りません」ということを言いましたが、別に日本酒、特に純米酒至上主義の考えを持っているわけではありません。焼酎やリキュールは素晴らしいチャレンジをしていると思っています。ただ、私は自分の日本酒造りを追求しようということだけを考えたのです。

「何でもいいから金賞を取れ」と言われれば自信はあるが……

味の方は、どのように改良してきたのでしょうか。

佐藤氏:自分は酒造りが好きなので、それなりの適性はあると思います。「何でもいいからコンテストで金賞を取れ」と言われれば100%取る自信はありますが、いまだかつてないものを最初から美味しく造るのは無理です。

 例えば、自然な製法を求め、焼酎の麹(こうじ)を使って醸す「亜麻猫」というお酒は、最初に造ったときはレモン水みたいでバランスに欠ける味でした。しかし、続ける価値があると思ったので、初めはそれを「沖縄泡盛文化と日本酒の融合」や「新しい酸味の味」とうたって頑張って売り切りました。熟練すれば当然美味しくなります。時間はかかりましたが、今はものすごく美味い酒になっています。

酒造りで、熟練とはどういったものですか。

佐藤氏:欠点をなくして、バランスを良くしていく作業の繰り返しですね。コツコツとやっていけば、当然、美味しくなります。ただ、美味しくなかったとしても、 初期のものは飲んでもらう価値が充分にあったはずです。なぜなら、化石のような酵母や地元米のみで酒造りをするチャレンジは貴重なものだったはずだから。

 今も、あのときの未完成なお酒がよかったというファンが多くいます。「最近のものはまとまりすぎている」とか言われる。それはそうかなと思います。だから今でも実験作には果敢に挑戦し続けています。ただ、この業界は比較的「味志向」なので、やはり未完成な作品にはファン以外は顔をしかめることが多いかもしれないですね。

 歴史は大切にしていこうと思っています。当社のお酒のラベルには「○世代目」などと書いています。僕の酒は毎年、味が変わります。それは、そういうものだと思ってほしい。未完成で未知のものを造ってきた経緯からすると、そうならざるを得ないですから。それがわかってからは、いろんなことが自由にできるようになりました。