「あなたの特技を必要としている人に提供(ギブ)してみませんか」──。今年1月、オンラインのコミュニティー「giv(ギブ)」が立ち上がった。お金を介さずに、理容やトレーニング、英会話の授業など自分が得意とするスキルを提供し合う仕組みで、受けた恩を別の人に送る「恩送り」のような関係をつくろうとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2828文字 / 全文2847文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題