新型コロナウイルスの感染拡大懸念が高まった2月の最終日。東京・大手町にあるオンライン診療アプリのスタートアップ、MICINの本社では、土曜日にもかかわらず十数人の社員が自主的に集まり、作業していた。「こうしたら使いやすくなるかな」「先生に説明するにはこの方が分かりやすいと思う」。エンジニアやマーケティングなど、担当領域がばらばらの社員たちが集まった目的は、医療機関が発行した処方箋を、アプリ上で薬局にファクスできる機能の開発だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2648文字 / 全文2668文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題