三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱UFJ銀行の新頭取に2021年4月、取締役常務執行役員の半沢淳一氏(55)が就任する。年功序列を重視し、変則を嫌う銀行において、13人抜きとなる異例のトップ人事は大きな話題を呼んだ。

2021年4月、三菱UFJ銀行の頭取に就任する半沢淳一氏(中央)
2021年4月、三菱UFJ銀行の頭取に就任する半沢淳一氏(中央)

 もう1つ注目を集めたのは、半沢氏が作家の池井戸潤氏の旧三菱銀行(現三菱UFJ銀行)時代の同期であり、池井戸氏の作品に登場する銀行員「半沢直樹」のモデルになったのでは、とみられたからだ。多くの人が「リアル半沢直樹がトップにのぼり詰めた」とイメージしたようで、ネット上でも話題になった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1950文字 / 全文2224文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小原擁の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。