ネット大手を中心に、数多くの企業が参入するスマートフォンを使ったキャッシュレス決済サービス。12月7日、レッドオーシャンの様相を呈している市場に新たなサービスが名乗りを上げた。

リクルートMUFGビジネスが手掛けるキャッシュレス決済サービスのアプリ画面(写真:加藤康)
リクルートMUFGビジネスが手掛けるキャッシュレス決済サービスのアプリ画面(写真:加藤康)

 その名は「COIN+」(コインプラス)。リクルートと三菱UFJ銀行の共同出資会社、リクルートMUFGビジネス(東京・中央)が手掛ける決済サービスだ。12月7日にコインプラスの決済機能を備えたスマホアプリ「エアウォレット」の配信を開始。コインプラス加盟店で、QRコード決済ができるようになった。

決済手数料は0.99%

 最大の特徴は、決済手数料が0.99%と低いこと。既存のQRコード決済の多くでは手数料が2~3%台であることを考えると導入店舗の負担は軽くなる。PayPayが打ち出した最低1.6%の手数料と比べても0.6ポイント以上低い。

 手数料を抑えられたのは、銀行に直結することで中間決済が省略できたため。さらに、ポイント還元などの販促費を除外したことも寄与した。「三菱UFJ銀行が他行の賛同を取り付けてくれたことが大きかった」(リクルートMUFGビジネスの夏目英治社長)という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1205文字 / 全文1694文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「諸行無常の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。