経営者が個人で債務保証することが当たり前になっている現状は、中小企業やそのオーナーの再出発にとって大きな障害となっている。将来のある人材に負の遺産を残さず、いかに次世代に事業をつないでいくか。中小企業の経営者のみならず、日本の経済界にとっても大きな課題だ。

■本シリーズのラインアップ
コロナ融資で延命 過剰債務「ゾンビ企業」日本を揺らす
「打ち出の小づち」ゼロゼロ融資の後遺症 不良債権化に身構える銀行
上場企業にも債務の重荷 国際基準で浮かんだ126社
「企業の新陳代謝が人を救う。今度こそさらば昭和」冨山和彦氏
さらば「過剰債務のわな」 佐渡汽船の再出発、支えたみちのりHD
「ゾンビ代表格」物流業界で再編 SBSがM&Aで狙う一石二鳥
「融資先の破綻増、金融機関は正念場に」 広島市信組・山本理事長
・守るべきは企業より人 ホンダ下請け工場の「名誉ある退出」(今回)

 2022年3月、東京・足立区で60年以上の歴史を持つ金型メーカー、K機械製作所がそののれんを下ろした。ホンダ向けが主力だったが、直近は最終利益が2期連続の赤字だった。

 「自分の生活を最低限守り、事業を高く売ることはできるだろうか」。会社の代表が、メインバンクの足立成和信用金庫に相談を持ちかけたのは21年7月。最も取引の多いホンダ真岡工場の25年閉鎖が発表され、ホンダが金型製作を外注するとの情報も入ってきた。事業継続が困難だと判断し第三者の支援を探っていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1524文字 / 全文2152文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「諸行無常の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。