債権売却は究極の事業再生

山本氏:我々は地域金融機関として広島県から逃げるわけにはいかないんだから、リスクをテイクして、支えなければいけない、ということです。倒産はあっても融資を続けて支援します。例えば倒産が100のうち3つ4つあるかもわからないけれど、それをもって96を断るわけにはいかない。結果として、うちは融資実績が上がっています。

 つい先日も2億円の融資を実行しましたが、以前は全く取引できなかった先です。工場を見せていただいても忙しそうにしていて、業況がおかしいわけではありません。貸出金利はすごく安くて0%台。「今やらにゃあ、いつやるんか」、という状態です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2350文字 / 全文4241文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「諸行無常の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。