(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 スタートアップの買収を目的としたSPAC(特別買収目的会社)。今年、米国で注目度が急速に高まったことを受けて、日本政府は6月に閣議決定した「成長戦略実行計画」に制度導入の検討を明記した。SPACを導入すれば、スタートアップの資金調達がしやすくなるという期待があるが、既に米国では規制強化の兆しを受けてブームは冷え気味だ。日本のSPAC導入論は、ピントがずれていないだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3856文字 / 全文4073文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「諸行無常の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。