スマートフォン決済大手のPayPayは8月19日、無料にしていた中小・個人事業主向けの決済手数料を今年10月から有料にすると発表した。最低料率は1.6%。クレジットカードや他のスマホ決済と比較して、「最安水準」としている。

 ただ、今回有料化の対象となる年商10億円以下の中小・個人事業主の利益率は1~2%程度と低く、有料化で加盟店離れは避けられそうにない。加盟店の引き留め策として打ち出したのは、グーグルマップ、食べログ、LINEなど有力サービスの特徴を貪欲に取り込んだ「いいとこ取り」だった。

PayPayは、加盟店から得る決済手数料の全面有料化に踏み切る
PayPayは、加盟店から得る決済手数料の全面有料化に踏み切る

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7443文字 / 全文7722文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「諸行無常の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。