三井住友フィナンシャルグループ(FG)とSBIホールディングス(HD)は2020年4月28日、デジタル分野で戦略的な資本・業務提携を結ぶことで基本合意したと発表した。三井住友FGはSBI傘下のスマートフォン専業のオンライン証券「SBIネオモバイル証券」の発行株式20%を取得し、スマホ金融分野で協業する。また、SBIが今後設立する予定の、地方銀行向けにフィンテックなどの金融サービスを展開する新会社に出資するなど、SBIが掲げる「地銀連合構想」でも協力する考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1340文字 / 全文1579文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「小原擁の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。