米投資ファンドのベインキャピタルが、東芝の買収を検討していることが分かった。背景にあるのが、東芝の筆頭株主であるエフィッシモ・キャピタル・マネージメントの動きだ。エフィッシモは3月31日に関東財務局へ提出した「変更報告書」で、ベインがTOB(株式公開買い付け)を開始した場合、保有株全てを売却することで合意したと明らかにした。今、大株主と買収を検討する「候補者」との同意を開示する狙いはどこにあるのか。

(写真:AP/アフロ)
(写真:AP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2305文字 / 全文2524文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「諸行無常の金融まんだら」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。